沿革 1882年から1969年

創業時の社屋外観
明治15年 平佐善七が平佐商店を開業、舶来時計及び舶来金物の販売を始める。
明治22年 取り扱い商品の中で時計と金物部分を分離独立させる。この時(明治22年1月24日)をもって創業とする。
明治28年 法人組織に改組し、資本金3万円で合資会社ヒシヒラ商会として発足。
大正 2年/ 大阪市浪速区円手町で我が国初の石炭ストーブの製造をはじめる。
大正3年 資本金を5万円に増資。本社を大阪市西区靭北通1丁目29番地に移転。
大正5年 大阪市浪速区円手町の工場が手狭になったため、現本社所在地に約2,000坪の敷地を購入して銑鉄鋳物工場を建設、ストーブ等を製造。創業30年を機に、資本金を50万円に増資。
大正8年 株式会社ヒシヒラ商会に組織変更。取締役社長に平佐潔就任。この時(7月1日)をもって、弊社の設立とする。
大正14年 靭の本社社屋を鉄筋コンクリート3階建てに改築。輸入金物のほかに建築金物、機会工具類も扱う。さらに貿易部を設置して、中国、台湾、朝鮮(現韓国、北朝鮮)、東南アジア、中南米等にまで販路を拡大。
昭和13年 中国鞍山に、銑鉄鋳物工場を設置。
昭和16年 韓国京城に銑鉄鋳物工場、大阪市放出にステンレス鋳物工場をそれぞれ設置。
昭和20年 終戦のため満州、朝鮮の両工場は放棄し、放出工場は売却する。本社ならびに工場は戦災をまぬがれたので、社員の復帰と共に業務を継続する。
昭和22年 初代社長の平佐潔が取締役会長となり、升森泰三が取締役社長に就任。
昭和23年 7月に資本金を100万に増資、続いて同年11月、資本金300万に増資。
昭和28年 資本金900万に増資。
昭和29年 さらに倍増資して、資本金を1,800万円とする。
昭和30年 靭の本社倉庫が狭隘となり、そして問屋としての配送システムの改革に迫られたため、淀川区の現在地に本社を移転。さらに営業内容の充実をはかるため、取扱商品に各種建築樹脂商品を加える。
昭和36年 4月に福岡支店を開設、同年12月に資本金を2,000万円に増資。
昭和38年 資本金を6,000万円に増資、同年10月、札幌支店を開設。
昭和39年 時代の流れと、新しい感覚に対応するため、社名を株式会社ヒシヒラに変更。同年10月、名古屋支店を開設、続いて11月、資本金を8,000万円に増資。
昭和42年 3月、広島支店を開設。
昭和43年 4月、仙台支店を開設。
昭和44年 創業80周年記念式典を行う。本社社屋を新築。同年10月、大分営業所を開設。
現在の社屋外観
昭和45年 1月、本社社屋の新築完成。
7月、高松支店を開設。
昭和48年 1月、富山出張所を開設。同年6月、本社社屋前にテナントビルを建設。
昭和49年 1月、山陰支店を開設。同年2月、升森泰三が取締役会長となり、平佐國夫が代表取締役社長に就任。同年5月、不動産賃貸業を始める。
昭和52年 3月、松山出張所を開設。 4月、盛岡出張所を開設。
昭和53年 4月、鹿児島出張所を開設。
昭和60年 鋳物工場閉鎖。
昭和61年 9月、岡山出張所を開設。
昭和62年 工場跡地にマンションを建設。
昭和63年 賃貸マンション「ヒシヒラリバーハイツ」完成。
平成2年 創業100周年記念式典を行う。
平成3年 平佐國夫が代表取締役会長に、岩井季三が代表取締役社長に就任。
平成4年 優良申告法人に指定される。
平成7年 8月、富山出張所を新築移転する。
平成9年 6月、鹿児島出張所を新築移転する。
平成11年 6月、山陰支店を新築移転する。
平成12年 創業110周年記念式典を行う。
平成13年 5月、松山営業所を新築移転する。
平成14年 7月、高松支店と松山営業所を統合し松山支店とする。
平成16年 4月、岩井季三が代表取締役会長に、平佐一郎が代表取締役社長に就任。
平成17年 6月、関東営業所を開設。
平成20年 9月、埼玉営業所を開設。
平成26年 創業125周年を迎える。
グアム社員旅行 実施
平成27年 賃貸マンション 「リバーヒルズ新大阪」完成
2月、千葉営業所を開設。
平成29年 4月、平佐一郎が代表取締役会長に、西薗博美が代表取締役社長に就任。

このページの先頭へ